◆ものづくり補助金2次公募9月10日締切です。(2018/08/14)
補助上限額は1千万円。前回ご紹介の「先端設備導入計画の認定」(申請中含む)は加点対象となり、優先して補助金が採択されます。いずれの申請もご支援いたします。ご質問、ご依頼は amatatsu.office@gmail.com まで。

◆中小企業経営者の皆様に、「いいね!」のニュースです。(2018/07/08)
法律にもとづく新しい制度をご紹介いたします。「先端設備導入計画」の認定で、新規導入の機械装置等の固定資産税が3年間1/2からゼロに。金融支援、補助金の優先採択の特典もあります。「先端設備導入計画」の認定申請をご支援いたします(全国対応)。制度の仕組みの説明はこちら⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/2018/180625seisanseiSentan.pdf
※ご質問ご依頼は、メールamatatsu.office@gmail.com またはFBメッセージでお願いいたします。

◆打率10割、パーフェクトの成果を達成(updated2018/07/03)
「ものづくり補助金一次公募」の採択結果が公表されていますが、申請書の最終提出までご支援した企業の採択率は10割を達成しました。ものづくり補助金の審査で優先して採択となる(加点事項)「経営力の向上計画の認定」申請も100%認定されました。関係者の皆様にお礼を申し上げます。
(ご参考)ものづくり補助金の採択結果 中小企業庁のホームページ
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29monosaitaku180629.pdf

◆補助金申請作業パートナー募集中(updated:2018/06/26)
・補助金申請経験者、「経営力向上計画の認定」申請経験者が望ましいです。
・行政書士、中小企業診断士、税理士等の有資格者が望ましいです。
・報酬は個々の補助金申請の作業内容に応じ高額となります。

ご希望の方は氏名、資格、連絡先等を記載のうえ、
ホームページの「ご質問はお気軽にどうぞ」、またはamatatsu.office@gmai.com までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  ようこそ、いらっしゃいませ。

 行政書士は街の身近な法律家と呼ばれています。(これは行政書士会公認の表現ですが、弁護士会から嫌われているようです) 
 それはさておき、まずは行政書士に聞いてみましょう。

 私は「お客様満足を通して成長発展します」を初心として、得意分野として主に次の仕事に取り組んでいます。

 (1)経営支援、夢実現
    法人設立、許認可申請、補助金・公的融資申請など中小企業の経営支援
 (2)外国人受入れのビザ、帰化許可申請、国際業務(家族法相続法、ビジネス。英語可)
 (3)暮らし安心、もめごと予防
    遺言・相続、各種契約書作成など暮らしの法務全般

 (1)について:20年超の国会議員秘書の経験がありますので、お役所相手の仕事に明るいです。
 (2)について:海外特派員として20カ国超の国々を駆け巡った経験から、身近な仕事です。
 (3)について:家族法相続法はじめ特に民法を勉強してきましたので、強い分野です。 

 案件により訴訟は弁護士、登記は司法書士、税金は税理士というように、知り合いの優秀なプロフェッショナルと一緒にご要望にお応えし、皆様の安心を確保いたします。
 
  ※メールやFAXによるご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。 
  ※英文のホームページ「Visa to Japan」はこちらーー>http://legal-support.ocnk.me (スマホで良く見えます)

プロフィール

熊本県立人吉高等学校を経て早稲田大学法学部卒、新聞記者海外特派員・国際部デスク、国会議員政策秘書、衆議院議長から永年勤続表彰を受ける。弁護士事務所勤務、行政書士試験に合格し東京渋谷に事務所開設。

所属団体 東京都行政書士会 東京商工会議所

件数1

  • サンプルスタッフ